« 拒絶されたイエス      マルコ15:33-39 | トップページ | 伝道牧会のビジョン(4つのM)   マタイ6:9-10  »

2007年4月 8日 (日)

ここにはおられません      マルコ16:1-8

イースターおめでとうございます。クリスマスとイースターとペンテコステは、教会の三大祭りです。でも、同時にそれは牧師泣かせでもあります。教会員の方は、「また同じ話だ」と思うからです。でも、私たちは復活を頭で信じるだけではなく、体験する必要があります。ですから、十分体験できるまで語り続ける必要があります。十分体験できるときはいつかと言うと、私たちが死んだ後です。ですから、世の終わりが来るときまで、復活のメッセージを語り続けるしかないのです。ハレルヤ!ところで、墓の中にいた御使いは女性たちに2つのことを伝えました。第一は、イエス様はよみがえられたので、墓の中にはおられないということです。第二は、イエス様は先にガリラヤ行くので、そこでお会いできるということです。

1.ここにはおられません

女性たちは、イエス様をとっても愛していましたが、信仰はありませんでした。安息日が終わった土曜日の夕方、没薬や香料を買いに行きました。イエス様に塗るため、あらかじめ準備しておいたのです。そして、日曜日の早朝、それらを携えて墓に向かいました。道々、「墓の入口からあの石をころがしてくれる人が、だれかいるでしょうか」と話しながら来ました。とろころが、墓に着くと石がすでにころがしてありました。墓の中に入ると、真っ白い衣をまとった青年が座っていました。それは、青年ではなく、御使い(天使)でした。御使いは「驚いてはいけません。あなたがたは、十字架につけられたナザレ人イエスを捜しているのでしょう。あの方はよみがえられました。ここにはおられません。ご覧なさい。ここがあの方の納められた所です」と言いました。驚くなといわれても、これほどの驚きが他にあるでしょうか?彼女らは墓を出て、そこから逃げ去りました。8節には、「すっかり震え上がって、気も動転していたからである。そしてだれにも何も言わなかった。恐ろしかったからである」と書いてあります。イエス様が何度も自分がよみがえることを預言しておられたのに、こっけいであります。でも、それが真実ではないかと思います。死んだ人がよみがえる、これほど驚くべきことは、世の中にありません。アンビリーバボーというのは、もはや日本語になりつつありますが、イエス様の復活に最もぴったりであります。面白いことに、古い写本は、8節で終わりになっています。つまり、「恐ろしくて何も言わなかった」ということです。本来ならば、キリストの福音を伝えなければならないはずが、「恐ろしくて何も言わなかった。おしまい。」シャレにならないと思いませんか。

そして、別の写本は9節からのことが書かれています。ある聖書学者は、9節以降は、後から書き加えられたものであり信頼できないと言います。でも、私はそうは思いません。言い足りなかったこととか、真実を補足するということは、よくあることです。あとからマグダラのマリヤが弟子たちに知らせたようです。11節「ところが、彼らは、イエスが生きておられ、お姿をよく見た、と聞いても、それを信じようとはしなかった」。「えー、何かの間違いでしょう?」と言いたくなります。さらに、他の二人が、弟子たちにイエス様が現れたことを告げました。でも、13節には「彼らはふたりの話も信じなかった」。14節では、イエス様は思い余って、ご自分の姿を現し、彼らの不信仰とかたくなな心を責めました。もし、これが後代の作り話ならこんな風には書かないでしょう。イエス様の復活物語が真実であったという1つの裏づけは、あの弟子たちですら信じられない出来事だったということです。もし、作り話にするならば、弟子たちの不信仰ぶりをこのように残すわけがありません。私たちはこれを見て安心します。2000年前、イエス様と3年半、一緒だった弟子たちが信じられないなら、直接、会ってもいない、私たちが簡単に信じられるわけがありません。でも、みなさん、クリスチャンであるなら、十字架と復活は絶対、信じているはずです。十字架と復活を信じていないクリスチャンはもぐりです。ここにおられるみなさんは、イエス様の十字架の死と復活が事実であったことを信じておられるでしょうか?では、あなたは見たんですか?2000年前、現場にいた女性や弟子たちが信じられないのに、我々に信じろ!と言っても無理な話でしょう。でも、信じているんですね。なぜでしょう?ある人は神学や弁証論から信じると言いますが、それは嘘です。神学や弁証論は、信仰の確信を与えるものであり、信じさせるものではありません。では、私たちはどのようにして、イエス様とイエス様の復活を信じるのでしょうか?

①聖書から信じる。 

聖書は、いわば預言者や使徒たちの証言を集めたものです。このマルコ16章も「見たこと、聞いたこと」をそのまま載せています。彼らもはじめは信じられなかったのです。でも、よみがえられたイエス様のお姿を見ました。ある弟子はイエス様に触りました。でも、彼らさえも、聖書からイエス様がよみがえるべきことを信じなければなりませんでした。つまり、信じるとは、啓示である神のことばを受け入れることであります。マルコ16:12の「ふたり」とは、エマオの途上の二人のことです。ルカ24章に詳しく書かれています。彼ら二人は復活のイエス様と一緒に歩いていたのに、その方がだれか分かりませんでした。しかし、イエス様が聖書から自分について書いてあることを説明されました。そのとき、彼らの心が燃えました。宿屋でパンを裂くしぐさを見て、イエス様だと分かりました。また、ペテロたちも、二階座敷で集まっているとき、詩篇からイエス様がよみがえるべき理由を知ったのです。つまり、信じるとは目とか耳ではなく、霊の世界であります。神の啓示を聖霊が悟らせてくださるのです。そういう意味では、2000年前の弟子たちも、私たちも変わらない部分があります。でも、実際、見て信じるのと、見ないでどちらが幸いでしょうか。イエス様は、ヨハネ21:29で「見ずに信じる者は幸いです」と言われました。つまり、イエス様を見て信じるよりも、聖書から信じる方がランクが上なのです。皆さん、実際、手で触って、見たならば信じる必要はありません。もう、事実なんですから、信仰は不必要です。天国も、イエス様も、肉眼では見えないので、信仰が必要なのです。信じるためには聖書が必要です。独房で、聖書を読んで信じる人もいます。こういうメッセージで信じる人もいるでしょう。ラジオの電波やチラシで信じる人もいます。でも、核となるものは神のことばです。そして、神のことばに聖霊が働くことにより、人が信じることができるのです。

②イエス様から信じる

 イエス様は、ヨハネ11章で、「わたしは、よみがえりです。いのちです。私を信じる者は、死んでも生きるのです」と言われました。イエス様は、そのことを証明するために、死んだラザロをよみがえらせました。こんどは、自分が死んで、よみがえったのです。イエス様は、ご自分が死の向こうに行って、戻ってきました。こういう方は歴史上、一人もいません。死に勝った人などひとりもいません。どんな教祖も、聖人と言われる人も死んで、その墓があります。しかし、イエス様にはないのです。しかも、イエス様は生前、3度も自分はよみがえると預言しておられます。もし、自分がよみがえると予告しておきながら、よみがえられないとしたら、それは嘘つきになります。大体、「私が道であり、真理であり、いのちである」と言える人は、神様か気が狂っている人かどちらかです。ある人たちは、イエス・キリストを立派な道徳家だと言うでしょう。でも、自分がよみがえると言っておきながら、よみがえられなかったらどうでしょう。そんな中途半端な呼び方はできません。神様かペテン師かどちらかです。イエス様の前に「私の主、私の神」とひれ伏すか、もしくは「このペテン師!」と唾を吐くかどちらかしかないのです。でも、福音書を見ると、イエス様は愛であり真実な方でした。イエス様は山上の説教をはじめ、崇高な教えをされました。しかも、ご自分が教えられたとおりに生きた方であります。また、人々の病を癒し、さまざま奇跡を行いましたが、1つも自分のためにやっていません。与えて、与えつくし、十字架で死なれました。この方が、狂人、宗教家作りの天才、あるいはペテン師でしょうか? 人が、イエス様に出会うとき、愛と真実の前にひざまずくしかないのです。

③人々の証言によって信じる

 これは、イエス様を信じた人たちがどれほど変えられたかということです。あのおくびょうな弟子たちは、死を恐れないで、福音を宣べ伝え歩きました。また、私たちは信仰の先輩たちから証を聞いて、「神様は本当にいるのだろうか。イエス・キリストは信じるに値するのだろうか?」と探し求めます。私も29年前、職場の先輩に出会わなければ、キリストを信じなかったでしょう。私ほど、クリスチャンになりにくい人もいなかったと思います。1年半も一緒に仕事をしながら語り合い、「ああ、神がいるなら信じてみたい」と思いました。私がイエス様を受け入れたのは、1979年4月15日、イースターの夜でした。礼拝が終わって、先輩が私のアパートに訪ねてきました。お昼の12時半から、夜の9時半まで、9時間、ずーっと話してくれました。個人伝道であります。私は根負けして、「じゃ、信じるよ」と言いました。その晩、寝て、朝起きたら、空や木の葉っぱが輝いていました。新しく生まれ変わったという体験をしました。私は救われ、永遠の命が自分の中にあるなーという実感がしました。そうしたら、私も彼女や友達に話したくなりました。残念ながら、信じてはもらえませんでしたが、篤い思いはどうにもなりませんでした。今、こうやって牧師になっているのもキリストに出会ったからです。後半は、人が、どう変えられるのかということをもう少し詳しくお話したいと思います。

2.ガリラヤへ行かれます

 御使いが伝えたもう1つの言葉をお読みしたいと思います。マルコ16:7「ですから行って、お弟子たちとペテロに、『イエスは、あなたがたより先にガリラヤへ行かれます。前に言われたとおり、そこでお会いできます。』とそう言いなさい。」ペテロをはじめ弟子たちは、すべてを捨ててイエス様に従ってきました。彼らはおそらく、このように信じていたでしょう。「まもなく、自分たちの先生が、イスラエルに御国を建ててくださる。その暁には、自分たちは王なるイエスの右か左に座らせられる。すべての労苦は報いられ、俺たちはイエス様と一緒に御国の支配者となるんだ。」ガリラヤの元漁師たちは、このような夢と希望をもって、従ってきたのです。ところが、ところがです。我らのイエス様が、十字架に磔にされ、殺されてしまいました。弟子たちは、「もうおしまいだ。先生が死んだので、御国も一緒になくなった」と思いました。「すべてをかけて従ってきたのに、あの夢と希望はどこに行ってしまったんだろう」。特にリーダー格のペテロはイエス様を三度も否みました。裏切りと失態は、拭っても拭いくれない汚点になりました。弟子たちは全く再起不能でした。しかし、イエス様はそういう弟子たちをガリラヤに呼び出し、再召命を与えたかったのです。16:7に「お弟子たちとペテロ」とあるように、ペテロは特別な存在でした。ヨハネ21章にガリラヤ湖での出来事が記されています。イエス様はペテロに、三度も「私を愛するか」と問われました。ペテロは心が苦しくなり、「はい、主よ。私があなたを愛することは、あなたがご存知です」と答えました。ペテロは完全に癒されました。ペンテコステの日、大説教をして、1日で3000人が救われました。指導者たちに捕らえられても、全く恐れませんでした。ペテロたちは、全く別人になっていたのです。前は命がおしくて、イエス様を否みました。ところが、命を惜しまず、福音を全世界へ運ぶ器になったのです。このように、イエス様の復活の証拠の1つは、変えられた弟子にもあるのです。嘘のために命を捨てる人はいません。イエス様がよみがえられたので、弟子たちもあのように変えられたのです。

 これは私たちにも言えることですが、弟子たちのどこが、何が変えられたのでしょうか。私はイエス様の復活と大いに関係があると思います。イエス様は十字架で一度、死にました。そして死後、葬られました、葬られたということは、完全に死んだということを意味しています。人が死んで、埋葬されたならば、もう何も希望がありません。ジ・エンドであります。ところが、父なる神様は、御子イエスが罪を完全に支払ったので、もう墓にいる必要はないと思いました。使徒2:27「あなたは私の魂をハデスに捨て置かず、あなたの聖者が朽ち果てるのをお許しならない」と書いてあります。聖いイエス様にはもう墓はふさわしくないのです。それで、全能なる神は、御子を死人の中からよみがえらせました。イエス様はそのとき、ただ、生き返っただけではありません。再び死ぬことがない、栄光のからだとしてよみがえられたのです。ですから、この世で言う復活とは違います。この世でも、スポーツや芸能界でも「復活」と言います。それは、長い間ブランクのあった人が、再起することであります。でも、聖書の復活は、息を吹き返すことではありません。復活とは、高次元で、異質なものに生まれ変わることです。イエス様の弟子たちは、イエス様の死と復活を体験したのです。弟子たちの夢も希望も一度、死にました。かつて、ペテロは「私は決して躓きません。死んでも、あなたを知らないなどとは言いません」と豪語しました。しかし、そんな強いペテロが死んで、弱いペテロになったのです。弱いペテロになったら、こんどは聖霊によって大胆なペテロに変身しました。他の弟子たちも同じです。かつては自分の力と知恵により頼んでいました。しかし、イエス様の十字架と復活を通過してから、自分に頼るのをやめました。うわべは同じでも、彼らを支えている力の源が別のものになったのです。それは復活の力であり、聖霊の力です。肉体が死んでから復活するのが当たり前ですが、この地上で、死と復活を体験したのです。これがクリスチャンです。使徒パウロも同じ経験をしました。Ⅱコリント1:9「ほんとうに、自分の心の中で死を覚悟しました。これは、もはや自分自身を頼まず、死者をよみがえられてくださる神により頼む者となるためでした」。ピリピ3:10「私はキリストとその復活の力を知り、またキリストの苦しみにあずかることも知って、キリストの死と同じ状態になり、どうにかして、死者の中からの復活に達したいのです」。つまり、パウロにとって、キリストの死の様に等しくなるような時こそ、復活の力を体験する機会となったのです。

みなさん、私たちも死んでから復活するだけではなく、この地上でも、復活の力を体験できます。それはどんなときでしょうか?自分の力に絶望し、自分の夢と希望に死ぬときです。なまじっか生きているので、復活を体験できないのです。本当に死を通過した人が、キリストの復活のいのちに生かされることを体験するのです。世の中の人も、クリスチャンも外から見ただけではわかりません。世の中の人も年を取るし、クリスチャンも年を取ります。世の中の人も病気になるし、クリスチャンも病気になります。世の中の人も何かできますし、クリスチャンだって何かできます。世の中の人も失敗するし、クリスチャンだって失敗します。では、何が違うんでしょう。その人を生かしている命が違うんです。世の中の人は肉体の命しかありません。しかし、クリスチャンは肉体の命と神の命があります。神の命は復活のいのちと言っても過言ではありません。世の中の人は肉体の命がなくなれば倒れます。しかし、クリスチャンは肉体の命がなくなれば、神の命・復活のいのちが出てきます。車でも、ガソリンと電気で走るハイブリットカーというのがあります。知らない間に、電気に切り替わる。同じように、知らない間に、神の命に切り替わる。苦しめられるけれど窮しない。途方にくれても行き詰らない。倒れても、滅びない。いつでも、イエス様のいのちが私たちの身に現れるからです。旧約聖書を見ますとアブラハムが100歳、サラが90歳のとき、子どもを生みました。体が死んだも同然であったのに、神様が彼らを生かしたのです。また、モーセは40歳の壮年のときではなく、80歳から用いられました。モーセは120歳で死にましたが、「彼の目はかすまず、気力も衰えていなかった」(申命記34:7)と書かれています。ヨシュアとカレブだけが、40年荒野を通過したのち約束の地に入ることができました。カレブはこう言っています。「今や私は、きょうでもう85歳になります。しかも、モーセが私を遣わした日のように、今でも壮健です。私の今の力は、あの時と同様、戦争にも、またに日常の出入りにも耐えるのです。どうか今、主があの日に約束されたこの山地を私に与えてください」(ヨシュア14:11-12)とアナク人がいる城壁のある町をあえて求めたのです。なんというチャレンジ精神でしょう。これがクリスチャンです。私たちは肉体も能力も世の人とはあまり変わりありません。でも、違うのは私たちの内には私たちを生かす、神様の命があるということです。これは、復活の命、聖霊の力と言い換えても良いでしょう。

 先週から、教会総会の準備を始めました。「教勢」と関係がある礼拝出席の統計をしてみました。なんと昨年度は、平均76名でした。ガヒーン。2003年度は85名、その次の年は83名、79名、そして76名です。デクラレーション、あきらかに減少しています。「教会は人数じゃない」と言ってきましたがやっぱりショックです。「ああ、私ももうすぐ54になるし、人生、先細りだなー」とチラッと思いました。日本の教会は、リバイバル、リバイバルと祈ってきました。でも高齢化が進み、リバイバルではなく、サバイバル、教会が生き残るかどうか問題です。この間、常磐牧師セルで、松戸の岡野先生のお話をお聞きしました。先生は1990年に教会が潰れ、教会員ゼロになりました。先生ご夫妻は死んだような状態になりました。それから悔い改め、様々なイベントではなく、生活を通して伝道することに切り替えました。単純に、みことばに生きる弟子を目指しました。今、70-80名集まっているそうです。教会堂はありませんが、公民館を借りて集会をしているそうです。本当に復活したんですね。私たちも今、人間的な知恵やノウハウとかやめて、神様の力にだけ頼りたいと思います。生活の中で、「もうだめだ」と、死の様に等しくなるような出来事が起こります。でも、それは良いことなのです。あなたはそのことで自分を頼らず、死者を生かす神様により頼む者となるからです。なまじっか、力が残っているなら、また自分に頼るでしょう。そうではなく自分に死んで、キリストの命、復活の命に源を置くのです。もちろん、キリストの復活は、私たちが死しんでから体験できるでしょう。しかし、今も、神様はキリストをよみがえらせた力で私たちを生かしたいのです。どうぞ、キリストにつながり、復活の命に生かされましょう。必ずや大逆転、大勝利が訪れることでしょう。

|

« 拒絶されたイエス      マルコ15:33-39 | トップページ | 伝道牧会のビジョン(4つのM)   マタイ6:9-10  »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/40287/6007631

この記事へのトラックバック一覧です: ここにはおられません      マルコ16:1-8:

« 拒絶されたイエス      マルコ15:33-39 | トップページ | 伝道牧会のビジョン(4つのM)   マタイ6:9-10  »